コスモ石油エコカード基金は、コスモ・ザ・カード・オーパス「エコ」、コスモ・ザ・カード・ハウス「エコ」のお客様から毎年お預かりする500円とコスモ石油グループからの寄付金を、環境保全活動を行うNPOなどに寄付することで、その活動をサポートしています。

活動概要(野口健 環境学校)

自分から環境に対して働きかけ、多くの人にメッセージを発信できる「環境メッセンジャー」の育成を目的に、アルピニストの野口健さんを校長とした「環境学校」を開催しています。小学生から大学生までを対象に募集し、清掃活動や間伐体験、里山保全活動などさまざまな取り組みを行っています。

支援開始:2003年度〜
プロジェクトパートナー:NPO法人 セブンサミッツ持続社会機構

※詳細は、コスモ石油エコカード基金HPをご覧ください↓
http://www.cosmo-oil.co.jp/kankyo/eco/pro_sc.html (PCサイトへリンクします)

          野口健_7.JPG

活動概要(学校の環境教育支援)

自然体験プログラムなどのノウハウを持つ日本各地のNPOと、ノウハウや機会を探している学校をつなぎ、環境教育プログラムを提供しています。また、環境教育サイト「EE kids」を活用した環境教育の基盤づくりも行っています。

支援開始:2003年度〜
プロジェクトパートナー:公益社団法人 日本環境教育フォーラム

※詳細は、コスモ石油エコカード基金HPをご覧ください↓
http://www.cosmo-oil.co.jp/kankyo/eco/pro_ed.html (PCサイトへリンクします)

              学校_大阪_07.JPG

活動概要(北タイ山岳地帯 共有林地図作成)

北タイ山岳部では、地元住民は森のなかで持続可能な豊かな暮らしを営んできました。
しかし、国がすべての森林を「国有林」に指定し、地元住民が森に住めなくなりました。再び森での自然に支えられた生活を取り戻すためには、現在の「国有林」が「共有林」として国に認められることが必要です。そこで、「共有林」の申請に必要な地図づくりを地元住民とともに行っていきます。

支援開始:2008年下期〜
プロジェクトパートナー:NPO法人 Link・森と水と人をつなぐ会

※詳細は、コスモ石油エコカード基金HPをご覧ください↓
http://www.cosmo-oil.co.jp/kankyo/eco/pro_th.html (PCサイトへリンクします)

              タイ_ワークショップ.jpg

活動概要(熱帯雨林保全)

パプアニューギニアとソロモンにおいて、過剰な焼畑農業を抑制し、安定した食糧自給や生活を営む上で必要な現金収入の確保のために、定置型有機農業の技術指と普及に取り組んでいます。指導員を育成する研修施を充実させることで、研修を受けた住民が地域における技術指導のリーダーとなり、熱帯雨林の保全と地元の人々の生活安定をめざします。

支援開始:2002年度〜
プロジェクトパートナー:財団法人オイスカ(パプアニューギニア)
               NPO法人APSD(ソロモン)

※詳細は、コスモ石油エコカード基金HPをご覧ください。↓
 http://www.cosmo-oil.co.jp/kankyo/eco/pro_tr.html (PCサイトへリンクします)

          熱帯_サンバム村_2.JPG

               

活動概要(循環型農業支援)

フィリピンのパラワン島では、生活のための森林伐採や焼畑農業が増えており、豊かな森林が失われつつあります。そこで、環境を守りつつ経済的に自立するために、キャッサバの栽培指導とエリ蚕の飼育・糸紡ぎ・編み物・織物などの指導を行っています。キャッサバの葉はエリ蚕の餌になり、エリ蚕の排泄物はキャッサバの堆肥に、さなぎは家畜の飼料に、繭は絹織物になるという循環型システムです。また、持続的な発展のために、技術を他の人に教えられるトレーナーを育成しています。

支援開始:2002年度下期〜
プロジェクトパートナー:NPO法人2050


循環型農業_0213.JPG

活動概要(内モンゴル緑化)

沙漠化が進んでいる中国の内モンゴル自治区において、経済的価値の高い沙棘(サジー)の植林に取り組んでいます。さらに現地の八仙筒中学校に沙棘植林基地を設置することで、現地の子どもたちの植林活動への参加と環境教育にも活用しています。

支援開始:2008年下期〜
プロジェクトパートナー:内モンゴル緑化の会

※詳細は、コスモ石油エコカード基金HPでご覧いただけます↓
http://www.cosmo-oil.co.jp/kankyo/eco/pro_nmg.html (PCサイトへリンクします)

             モンゴル_苗床作業.JPG

活動概要(種まき塾)

 「ココロと大地にタネを蒔く」をスローガンに、樹木の種や実生(種から発芽したばかりの幼い木)を集めて成長させ、苗木を地元で植林する人たちに提供しています。地域に元々ある樹種を植えることで、森の植生を回復し、生物多様性の保全につなげます。

支援開始:2006年度〜
プロジェクトパートナー:有限責任事業組合 ふらの種まき塾

※詳細は、コスモ石油エコカード基金HPをご覧ください↓
http://www.cosmo-oil.co.jp/kankyo/eco/pro_pl.html (PCサイトへリンクします)

            

活動概要(シンレイ山脈 森林・生態系回復)

絶滅危惧種のキンシコウやジャイアントパンダなど、希少動物の宝庫である秦嶺山脈で森の生物多様性の回復をめざしています。野生動物の移動を妨げていた林道への植林と、動植物の生態研究が主な活動です。

支援開始:2005年度〜
プロジェクトパートナー:西北大学生命科学学院

詳細は、コスモ石油エコカード基金HPをご覧ください↓
http://www.cosmo-oil.co.jp/kankyo/eco/pro_fr.html (PCサイトへリンクします)

           シンレイ_金絲猴.jpg

活動概要(南太平洋諸国支援)

南太平洋にあるキリバスとツバルは海抜が低く、海水面の上昇や波による土地の侵食が住宅の浸水や飲料水の不足など、さまざまな問題を起こしています。さらにツバルでは、輸入品によるごみの処理も問題になっています。そこで、海岸の浸食を防ぐためのマングローブ植林と、子どもたちへのごみ問題の啓発活動を行っています。

支援開始:2003年度〜(キリバス)
       2005年度〜(ツバル)
プロジェクトパートナー:NPO法人国際マングローブ生態系協会(キリバス)
               NPO法人Tuvalu overview(ツバル)

詳細は、コスモ石油エコカード基金HPをご覧ください↓
http://www.cosmo-oil.co.jp/kankyo/eco/pro_so.html (PCサイトへリンクします)

           ツバル_91.JPG

活動概要(シルクロード緑化)

シルクロードの地、中国の黄土高原では急速に沙漠化が進んでいます。
そこで、経済的な価値があり現地の気候に合う沙棘(サジー)を、地元の農民や学生たちと植林しています。

支援開始:2002年度下期〜
プロジェクトパートナー:NPO法人2050

※詳細は、コスモ石油エコカード基金HPをご覧ください↓
 http://www.cosmo-oil.co.jp/kankyo/eco/pro_si.html (PCサイトへリンクします)

             シルクロード_9794.JPG


コスモ石油エコカード基金とは

カテゴリ

アーカイブス

ブログ内キーワード検索

RSSリンク

携帯からのアクセスはこちら
qrcode