コスモ石油エコカード基金は、コスモ・ザ・カード・オーパス「エコ」、コスモ・ザ・カード・ハウス「エコ」のお客様から毎年お預かりする500円とコスモ石油グループからの寄付金を、環境保全活動を行うNPOなどに寄付することで、その活動をサポートしています。

『「富良野種まき塾 里親プロジェクト」植林エコツアー』を開催しました!

コスモ石油エコカード基金は、富良野種まき塾が活動する「種まき塾」
を支援しています。

 
この度、2011年に実施したコスモ石油エコカード基金「種まき塾の里親
プロジェクト(
*)」で「エコ」会員の皆さまに里親となって種を蒔き、
育てていただいた苗が、当プロジェクトパートナーのもとで植林可能な
大きさまで成長したため、北海道の自然や生態系などを学びながら
植林活動をおこなう内容で本体験ツアーを開催しました。

 
*)コスモ石油エコカード基金10周年記念企画「種まき塾の里親プロ
ジェクト」とは
当基金の10周年を記念し、2011年に「エコ」会員に参加者
を募り実施したプロジェクトです。
参加者は種と苗床を受け取り、自宅
などで種を蒔き、一定の期間、里親として育て、当プロジェクトパートナー
である「種まき塾」へ返送しました。その後、苗は「種まき塾」で約
3年かけて
育成され、北海道の森づくりに活用されました。

    DSC_0093.JPG
               集合写真
 
■ツアー名   「富良野種まき塾 里親プロジェクト」植林エコツアー
■開催日時     2014年8月22日・23日 1泊2日
■集合・解散   羽田空港もしくは伊丹空港
■参加者     「エコ」カード会員とそのご家族・ご友人 17名
■宿泊場所    新富良野プリンスホテル
■スケジュール
22日】
羽田空港もしくは伊丹空港より新千歳空港へ
12:15 新千歳空港出発
13:15 夕張にて炭鉱遺跡「ズリ山」ハイキング
16:30 新富良野プリンスホテル到着
 
23日】
 8:30 「富良野種まき塾 里親プロジェクト」
    富良野種まき塾にて
    ・実生(みしょう)を採取し、苗をつくる
    ・植林用の苗づくり
    富良野自然塾にて
    ・緑の教室
    ・裸足の道
    ・石の地球
    ・46億年の道 地球の道
    ・植樹
 
13:00 新富良野プリンスホテルにて昼食
14:00 富良野市博物館
17:00 新千歳空港より羽田空港もしくは伊丹空港へ

DSC_0024.JPGDSC01180.JPG 
        新千歳空港で集合         夕張でズリ山ハイク
20140822_02-06.jpg20140823-02-06.jpg
移動中、バスの中で苗鉢(紙ネッコン)作り  森での実生採取
20140823-02-08.jpg20140823-03-07.jpg
実生はこれから「種まき塾」で保育されます 植林用苗づくり
20140823-03-09.jpg20140823-03-14.jpg
    種まき塾のフィールド       苗の植え替え
20140823-03-16.jpg20140823-04-03.jpg
     種も植えました         自然塾「緑の教室」     
20140823-04-09.jpg20140823-04-14.jpg
      自然塾「裸足の道」       自然塾「地球の道」
20140823114614(1).jpg20140823114614(2).jpg
              植樹作業中
DSC_0084.JPG20140823-05-04.jpg
        植樹完成!       植樹した苗へのメッセージ
DSC_0099.JPGDSC_0100.JPG
DSC_0102-rmx.jpgDSC_0104.JPG
DSC_0107.JPGDSC_0110.JPG
DSC_0113.JPG

以上

『「人と森をつなぐ」アファンの森体験エコツアー』を開催しました!


コスモ石油エコカード基金は、一般財団法人 C.W.ニコルアファンの森財団
が活動する「人と森をつなぐ」を支援しています。

 
2014年度よりコスモ石油エコカード基金のプロジェクトパートナーとなった
一般財団法人
C.W.ニコルアファンの森財団が行なう「人と森をつなぐ」
プロジェクト(※)を、「エコ」会員の皆さまに体験していただく
エコツアーを実施しましたので、以下の通りご報告いたします。

 
(※)「人と森をつなぐプロジェクト」とは
本プロジェクトは、盲学校や養護学校の子どもたちや、東日本大震災で被災した
子どもたちが自然と触れ合うことで、自分らしく生きていくためのきっかけを
つくることを目的とし、アファンの森や被災地で今回のツアーで体験して
いただいたような活動をしています。


         _JS_2304.jpg
                               集合写真
 
■ツアー名    「人と森をつなぐ」アファンの森体験エコツアー
■開催日時     2014年9月7日(日)9時00分集合
■集合・解散   長野県 JR長野駅集合 
         *現地集合・現地解散も可
■スケジュール
 9:00    JR長野駅集合・出発
10:00   アファンの森(アファンセンター)到着
          【午前の活動】
          ・ニコル理事長のミニ講座
                    ・森の散策
12:00     森で昼食
          【午後の活動】
          ・五感で感じるアファンの森
           (森の散策、ブランコやハンモックなど森遊び)
          ・森の整備作業
          ・火起こし/薪割り体験
 
17:00  アファンの森出発
18:00     JR長野駅着・解散

_JS_2265.jpg
        ニコル理事長のミニ講座
_JS_2260.jpg
     アファンの森について学びました
_JS_2369.jpg
   森の散策ではいろいろな生きものに出会いました
 _JS_2430.jpg
            クワガタ
_JS_2362.jpg
            森の散策
_JS_2474.jpg
         森でお弁当を食べました
_JS_2501.jpg
        外で食べるお弁当はおいしい
_JS_2490.jpg
     森の散策のあと、気持ちのいい時間でした
_JS_2565.jpg
 大人も子どももハンモックで遊びました
_JS_2628.jpg
          木にかけたブランコ
_JS_2674.jpg
     公園のブランコとは違う森のブランコ
_JS_2804.jpg
      水中の生きものも観察しました
_JS_2879.jpg
      顕微鏡でも観察
_JS_2895.jpg
     ふくろうの巣のまわりの整備をしました
_JS_2911.jpg
          笹を刈りました
_JS_2914.jpg
          森への恩返しです
_JS_2918.jpg
      ふくろうがエサをとりやすいように
_JS_2982.jpg
      アファンの森には湧き水もあります
_JS_2989.jpg
         森の散策のあとの一杯
_JS_3039.jpg
    まさかりで薪割り体験
_JS_3020.jpg
        火起こしも体験しました
_JS_3079.jpg
        起こした火で焼きマシュマロ
_JS_3126.jpg
        火を囲んだおだやかな時間
_JS_3219.jpg
             集合写真

【以下、参加者の皆さまの森で過ごした感想です】
_JS_3150.jpg
_JS_3158.jpg
_JS_3160.jpg
_JS_3164.jpg
_JS_3180.jpg
_JS_3178.jpg
_JS_3168.jpg
_JS_3189.jpg
_JS_3193.jpg
_JS_3204.jpg
  アファンの森の皆さま・・・ありがとうございました
                         以上
 

『毎日メディアカフェにて』

コスモ石油エコカード基金は、NPO法人 森のライフスタイル研究所が
活動する「アカマツの森 里山再生」を支援しています。

 
9月16日、毎日メディアカフェhttp://mainichimediacafe.jp/にて、
NPO法人 森のライフスタイル研究所が「森ライのアカマツ林学会_
専門家とまなぶアカマツ林(里山)整備」の勉強会を実施し、
エコカード基金事務局も参加してきました。

 
アカマツとはどんな木か・・・どうしてアカマツ林が荒廃してしまったか・・・
など、アカマツや日本の里山の現状を学びました。

 
P9160303.JPG
エコカード基金についてご紹介しました。

 P9160308.JPG
エコカード基金事務局長が参加者にエコカード基金へのご理解、
ご支援をお願いしました。

 
P9160310.JPG
株式会社アーバンフォレストリー吉見次郎氏よりご講演いただき、
アカマツと菌根菌について学びました。

 
エコカード基金は10月4・5日に「アカマツの森 里山再生」エコツアーを
実施し、柴掻き作業と菌根菌調査を行う予定です。

活動の様子は、実施後、ご報告します。
お楽しみに!
 
以上

『ラジオ収録をしました!放送をお楽しみに!!』

コスモ石油エコカード基金は、公益財団法人オイスカが活動する
「熱帯雨林保全(パプアニューギニア)」プロジェクト、

NPO法人 森のライフスタイル研究所が活動する
「どんぐりの森 里山再生」、「アカマツの森 里山再生」を支援しています。

 
上記の両団体が、TOKYO FM の番組である「いのちの森 voice of forest」※
にて活動を報告することとなり、9月16日に収録をしました。

 
放送は以下の通りです。
皆さま是非、お聴きください♪♪
 
■熱帯雨林保全(パプアニューギニア)
出演:公益財団法人オイスカ 国際事業部長 長 宏行 様
放送日時:9月21日(日) 7:30−7:55
 
P9160295.JPG
 
■どんぐりの森 里山再生(長野県東御市)、アカマツの森 里山再生(長野県伊那市)
 出演:NPO法人 森のライフスタイル研究所 代表理事所長 竹垣 英信 様
 放送日時:9月28日(日) 7:30−7:55
 
収録の様子.JPG
 
TOKYO FM 「いのちの森 voice of forest」とは・・・
JFN38局を結んで放送中。
全国に広がる植林活動や自然保護の取り組みに注目する番組です。

以上

Meet Green 南三陸 フィールドワーク合宿の事前準備の様子

7月15日(火)に2014年度よりエコカード基金にて活動している
「Meets
 Green 南三陸」(NPO法人キッズドア)の活動場所視察、
および今後のプログラムについての検討をして参りました。
 
来る8月12日から2泊3日で、南三陸および仙台の中高生が、
地元の方々のご協力のもと、南三陸町にてエコ循環型の復興街づくりを学び、
発信していくフィールドワーク合宿を行います。

 
子供たちも2日目に現場を見て学ぶ予定ですので、事前に確認して参りました。
  
株式会社アミタ持続可能経済研究所にて打ち合わせ
1.JPG
協力:株式会社アミタ持続可能経済研究所 櫛田様 
      南三陸町 産業振興課 太齋様


8月12〜14日の研修施設「いりやど」

2.JPG

2名〜6名部屋まであり、とてもきれいです。
3.JPG


復興ガーデンでは、婦人病や認知症の改善効果も認められた
漢方薬の主成分になっている当帰(トウキ)を育てています。

4.JPG


生ゴミの焼却の際に出来る液肥を利用して、ササニシキを栽培しています。
(写真の中の一部水田)
5.JPG

合宿の様子は、実施後にまたご報告させていただきます。
 
以上



 

ムササビとともに暮らす里山再生の森の様子をうかがいました!

コスモ石油エコカード基金では「ムササビとともに暮らす里山再生」
プロジェクトを支援しています。



NPO法人都留環境フォーラムさんから、植樹した木の様子や、
春になった森の様子がうかがえる写真をいただきましたので、
みなさまにもご報告いたします。

 
植樹したイチイの新芽と花。目立ちませんが、茶色い花が咲いています。




4/25日撮影 ブナの新芽。まだ葉は出ていません。



5/12日撮影 ブナの葉。この時期に一気に葉が出てきました。



5/12撮影 タチツボスミレ。植樹した樹木の林床に広がって咲いています。



オニグルミの種。きれいに半分に割れており、リスの食痕と推測されます。



植樹したオニグルミの葉。4/25からの2週間で葉が出てきました。


秋には、この山梨県都留市にある森で、
「ムササビとともに暮らす里山再生植樹体験エコツアー」を開催予定です。

日程は、7月発行予定の「コスモ石油エコカード基金 活動報告書2014」と、
ホームページでご案内させていただきます。

みなさまのご参加をお待ちしております。
 

「人と森をつなぐ」の活動に参加してきました!

2014年度活動開始プロジェクト「人と森をつなぐ」
(一般財団法人 C.W.ニコルアファンの森財団 http://www.afan.or.jp/)
の活動(5
17日〜19日実施)に参加しましたので報告します。
 
当プロジェクトは長野県黒姫にあるアファンの森で自然の素晴らしさを知り、
将来にわたり森と関わり続けられる人を育て、豊かな森と豊かな心を育む
社会をめざしています。


5月17日は盲学校の子ども5人とご家族、18日は養護学校の子ども6人
とご家族と森で遊び、森を感じる活動を行ないました。

また19日にはこのようなプログラムを実施できる指導者を育てるための
研修も行ないました。


DSCF6313.jpgDSCF6294.jpgDSCF6233.jpgDSCF6209.jpgDSCF6203.jpg
 
17日
アファンの森を散策しながら、泥団子を作ったり、笹舟を浮かべたり、木登り、
木にかけたブランコ・・・全身と五感をフルに使って新緑の森をめいっぱい遊びました。


夕食には散策しながら採取した、たくさんの山菜も食べました。
そしてナイトハイクでは暗闇の中、森を感じながら歩きました。

<スケジュール>
10:30 集合
11:00 「アファンの森へ出かけよう」
12:00 森で昼食
13:00 「感じる森」
16:15 森で夕食 のんびりタイム
18:20 ナイトハイク
19:30 終了
 
18日
それぞれの子どもがしたいこと、興味のあることを、全身・五感を使って遊びました。
カエルやおたまじゃくし、蝶に蟻、さまざまな虫や川の水や泥の温度や感触、全てが
少しずつ子どもたちの心を開放し、最後にはとびきりの笑顔で終了となりました。


<スケジュール>
10:15 集合
11:00 「アファンの森を散歩」
12:15 森で昼食
13:30 「森遊び」
16:20 終了
 
19日
子どもたちに五感を開かせる役割のリーダーは、もちろん自分が森で五感を開く
方法を知っていなければならないため、自分が興味のあることや知りたいことを通して、
まずは森を散策しました。そして子どもたちの安全確保のための考え方や方法を実際の
行動を通して学び、今後の活動に役に立つ知識と経験を得る活動をおこないました。


<スケジュール>
・リーダー研修
 子どもとの向き合い方、森で五感を開かせる活動とは
・安全講習
 ナタ、マサカリの使い方、火起こし
 応急救護
 
エコカード会員の皆さま向けエコツアーも97()で実施する予定ですので
是非ご参加ください。

※エコツアー詳細は、今後エコカード基金報告書2014(夏発行予定)HPにてお伝えして
いきますので、お楽しみに!

 
コスモ石油エコカード基金では「地球のために何かしたい」と考える皆さまを
「エコカード会員」として募集しております。
http://www.cosmo-oil.co.jp/card/eco.html

以上
 

「アカマツの森 里山再生」活動報告

2014年度活動開始プロジェクト「アカマツの森 里山再生」
(NPO法人 森のライフスタイル研究所 http://www.slow.gr.jp/)
の現地での活動を報告します。
14-05-10_197.JPG
                        <集合写真>
 
当プロジェクトは長野県伊那市のアカマツ林を1960年代以前の
人の手がかけられている里山の状態に戻すことをめざして、
生態系調査をしながら、地域の人々やボランティアらの手で
整備活動をします。

 
51011日の活動では、首都圏などから集まったボランティアら
25人が樹木医の藤原祥雄氏の指導の下、アカマツ林に溜まった
落ち葉をかき集める作業や除伐作業を行いました。


14-05-11_263.JPG
14-05-11_259.JPG
           <作業風景>
 
秋には整備した森から、恵みのキノコ類が収穫できるかもしれません。
 
エコカード会員の皆さま向けエコツアーも1045(予定)
実施する予定ですので是非ご参加ください。

※エコツアー詳細は、今後エコカード基金報告書2014(夏発行予定)
HPにてお伝えしていきますので、お楽しみに!

                              以上

 

エコカード基金総会を実施しました

 
コスモ石油エコカード基金 第12回総会を417日に実施
しましたので報告します。

 
エコカード基金総会は毎年4月に、前年度の活動と今年度の活動に
ついて、エコカード基金規程に基づき決議するために開催しています。

 
2013年度は14プロジェクトがそれぞれの目標に向かって
活動に取り組むことができました。

このうち、「ビオトープ浮島」・「南太平洋生態系保全」・
「さとやま学校」がエコカード基金での活動を、それぞれの
活動の成果とともに終了しました。


そして2014年度は新たに「アカマツの森 里山再生」・
Meets Green 南三陸」・「人と森をつなぐ」が加わり、
2013年度同様の14プロジェクトで活動してまいります。

 
2013年度ご支援いただきましたエコカード会員の皆さま、
ありがとうございました。

引き続き、ご支援・ご協力をお願いいたします。

【2014年度 プロジェクト一覧】

一覧.png
  
                              以上

「ビオトープ浮島」の経過報告

「ビオトープ浮島水辺の生態系回復」プロジェクト(NPO法人とよあしはら)
埼玉県幸手市で制作・設置しました「ビオトープ浮島」の経過視察を

44日に行ないましたので報告します。
 
エコカード基金のプロジェクトのひとつである同プロジェクトでは、
埼玉県幸手市権現堂で開催されている「浮きウキフェスタ」において、
2010年度より3年間にわたり「ビオトープ浮島」を制作・設置して
まいりました。

 

これから植物が生い茂る緑の浮島へと変化し、生きものたちがたくさん
集まる姿が観察できるようになります。


20140404_1.jpg

20140404_6.jpg

                              以上

コスモ石油エコカード基金とは

カテゴリ

アーカイブス

ブログ内キーワード検索

RSSリンク

携帯からのアクセスはこちら
qrcode