コスモ石油エコカード基金は、コスモ・ザ・カード・オーパス「エコ」、コスモ・ザ・カード・ハウス「エコ」のお客様から毎年お預かりする500円とコスモ石油グループからの寄付金を、環境保全活動を行うNPOなどに寄付することで、その活動をサポートしています。

「さとやま学校」支援 視察 2014年2月28日

コスモ石油エコカード基金では「さとやま学校」を支援しています。

2014年2月28日、NPO法人APSDによる秦野市立渋井小学校(5・6年生315名)への
環境保全教育「さとやま学校」を視察しましたので報告します。


P2282886.JPG
 
今回の授業では、「さまざまな環境問題と私たちにできること」
について学びました。
まず、環境問題を考える前に「限りある地球の資源」を考えました。
地球を直径1mの球体とすると、飲料水として使用できる淡水は
スプーン1杯分しかないことや、空気の層は1cmにしかならない
ことをクイズ形式で学びました。
 
日本は水の豊かな国と感じる生活をしていますが、実際は食料を
大量に輸入しているため、その食料を作るための水も同時に輸入
していることと同じであり、つまり日本は大量の水を輸入していると
わかり、日々の生活の中で感じていることと、地球資源の使われ方
の現実は大きく異なることに驚きの声があがりました。
 
つぎにAPSDが熱帯雨林保全プロジェクトで活動しているソロモン諸島
の人々の生活と森の関係を知り、さらに現在ソロモン諸島が抱える
環境問題を学びました。ソロモン諸島が抱える環境問題を解決するには、
同時にソロモン諸島の人々の生活を考える必要があり、つまり、
環境問題とは人間の資源の使い方の問題であるという考え方が大切
であることを学びました。


P2282912.JPG
 
最後に環境問題に対して、市民ができること、NPO・NGO法人ができること、
企業ができることについて学び、自分たちが取り組めることを発表しました。
 
コスモ石油エコカード基金では健全な次世代育成をめざしたプロジェクトを
支援してまいります。
 
以上

コスモ石油エコカード基金とは

カテゴリ

アーカイブス

ブログ内キーワード検索

RSSリンク

携帯からのアクセスはこちら
qrcode