コスモ石油エコカード基金は、コスモ・ザ・カード・オーパス「エコ」、コスモ・ザ・カード・ハウス「エコ」のお客様から毎年お預かりする500円とコスモ石油グループからの寄付金を、環境保全活動を行うNPOなどに寄付することで、その活動をサポートしています。

南太平洋生態系保全学術懇談会がワークショップを開催しました!

コスモ石油エコカード基金では、「南太平洋諸国生態系保全」
プロジェクトを支援しています。

コスモ石油エコカード基金のプロジェクトパートナーとして
2010年から活動してまいりました南太平洋生態系保全学術
懇談会が、エコカード会員の皆さまや同地域に関心のある方々
に向けた成果発表会を開催しましたのでご報告します。
 

        
<南太平洋生態系保全学術懇談会とフィジー大使館の皆さま>
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
<実施概要>
1.名称  国際ワークショップ「南太平洋島嶼諸国の開発と生態系保全」
2.日時  201428日(土)10:0015:00
  ※雪のため、ワークショップを10:0015:00に短縮して開催
3.主催  南太平洋生態系保全学術懇談会
4.会場  明治大学 駿河台キャンパス 紫紺館
5.内容  南太平洋生態系保全学術懇談会が過去3年間に実施した
  南太平洋島嶼国(メラ
ネシア)の開発と生態系・生物多様性保護に
  関する調査・研究の成果発表と報

6.対象 エコカード会員の皆さま および 同地域に関心のある方

<来賓>
H. E. Isikeli U. Mataitoga, Ambassador, Embassy of Republic of Fiji
(フィジ−共和国 マタイトガ・イシケリ駐日全権大使)
Ms. Julia W. Korovou, Counsellor,  Embassy of Tepublic of Fiji
(フィジー共和国   コロボウ・ジュリア参事官) 
日本パプアニューギニア協会 山下会長
 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
当日は大雪の中にも関わらず約40人の参加者が集まり、南太平洋諸国、
熱帯雨林や地域開発を研究している専門家の報告に真剣に耳を傾け、フ
ィジーやパプアニューギニアなど南太平洋諸国が抱える現状の課題や
今後の可能性について、情報の共有を図りました。

                     P2082887.JPG
             <報告の様子>
また、成果発表会の後には懇親会も催され、成果発表会の時とは異なる
なごやかな雰囲気の中、各研究者の日ごろの研究や活動など、さまざま
な情報交換がされました。

 
2010年度より3年間にわたり、エコカード基金のプロジェクトとして活動
してまいりました南太平洋諸国生態系保全プロジェクトは
2013年度にて
終了となりますが、今後もエコカード基金では、熱帯雨林保全プロジェ
クト(パプアニューギニア・ソロモン)、南太平洋諸国支援(キリバス・
ツバル)などのプロジェクトを通し、熱帯雨林保全活動や南太平洋諸国
支援活動を継続してまいります。

 
<発表者と発表内容>
講演 「Fiji`s Biodiversity, Conservation and Development」 
    コロボウ・ジュリア、フィジー共和国大使館参事官
報告 孱廓間の調査の概要」 
    若井郁次郎(同代表・大阪産業大学教授)
報告◆屮僖廛▲縫紂璽ニアにおけるJICA事業について」 
    武藤めぐみ(JICA東南アジア・太洋州部次長)
報告「南太平洋島嶼国の開発と生物多様性の保護−メラネシア5ヵ国
    にみる政策的試み
と保護の実態」 
    唐沢敬(同執行顧問・立命館大学名誉教授)
報告ぁ崙鄲席人療舫拗颪砲ける熱帯資源植物の保全と持続利用
    の可能性」 

    田中伸幸(高知県立牧野植物園)
報告ァ崘帯生態系サービス保全とその持続可能な条件」 
    若井郁次郎(同代表・大阪産業大学教授)           
報告Α崟限峽亙歔瓦鵬未燭甲療財産の役割 ―ソロモン諸島
    コロンバンガラ島を事例
として―」 
    黒須悟士(同研究員兼事務局長)
報告А屮僖廛▲縫紂璽ニアにおけるバタフライ・ファーミングの
    現状と課題−生物多様
性と絶滅危惧種保護との関連から」
    及川正博(同研究員・立命館大学特任教授)
報告─嵎儔修垢訝楼茣超と人々のまなざし−ソロモン諸島における
    
文化の新たな担い手の可能性に向けて」
    植村清加(同研究員・東京国際大学専任講師)
報告「パプアニューギニアにおける定置型有機農法普及の可能性−
    熱帯林保全のエース
になりえるか−」
    長宏行(同研究員、公財・オイスカ海外事業部長)
 
なお、予定されておりました以下パネルディスカッションは雪のため
中止となりました。

パネル・ディスカッション:「南太平洋の国々は、今!」
モデレーター 唐沢 敬
パネリスト  岩崎仁美(同研究員・Professional 21会員)
       岡本能里子(同研究員・東京国際大学教授)
       唐澤亜紀(同研究員・日本図書設計家協会員・デザイナー)
       土屋祥子(同研究補助・Professional 21会員)
 
                                 以上
 

コスモ石油エコカード基金とは

カテゴリ

アーカイブス

ブログ内キーワード検索

RSSリンク

携帯からのアクセスはこちら
qrcode