コスモ石油エコカード基金は、コスモ・ザ・カード・オーパス「エコ」、コスモ・ザ・カード・ハウス「エコ」のお客様から毎年お預かりする500円とコスモ石油グループからの寄付金を、環境保全活動を行うNPOなどに寄付することで、その活動をサポートしています。

第1回森は海の恋人 夏合宿 in 東松島! に参加してきました

 

コスモ石油エコカード基金では東日本大震災復興支援「森は海の恋人」プロジェクトを支援しています。

 

このたび、「第1回森は海の恋人 夏合宿 in 東松島」に参加してまいりましたのでご報告します。


   
                



≪概要≫・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■日時:2013年7月29日(月)〜31日(水)2泊3日

■場所:宮城県東松島市野蒜(のびる)

■参加者:中学生2名・小学生3名(気仙沼市より参加)、
       小学生6名(東松島市より参加)

■目的:/垢量魍筺海の役割、その作用について知る。

           ⊃椋匏亳海琉磴γ楼茣屬了臆端垳鯲をきっかけに、個々が抱
       えている
精神的ストレスの解放をする。

           「安心感」をえられる大人の存在があることを参加者に知って
              もらう。

 

※当プログラムは主催「NPO法人 森は海の恋人」、共催「一般財団法人 C.W.ニコル・アファンの森財団」の子どもキャンプです。

 

■スケジュール

【1日目】******************************************************

・現地到着!C.W.ニコル氏のお話、地域の間伐材で作られたツリーハウス「トラゴンツリー」にてお昼ごはん(牛丼)

・テント設営、薪拾い

・食事作り、ドラム缶風呂焚き

・夜ごはん(カレー)、ドラム缶風呂

・就寝


【2日目】*******************************************************

・起床、ラジオ体操

・朝ごはん(生姜焼き)

・海遊びに出発!月浜からイナガサキ浜までカヤックで移動

・イナガサキ浜で海遊び&学びの時間&お昼ごはん(ベースキャンプから豚汁・おにぎり持参)

・カヤックで月浜へ戻り、ベースキャンプへ

・食事作り

・夜ごはん(チキンのトマト煮スパゲッティ)

・きもだめし!!!

・就寝


【3日目】*******************************************************

・起床、ラジオ体操

・朝ご飯(卵焼き・ベーコン・ポテトサラダ)

・撤収準備

・森への恩返し(薪拾いや遊び場として使わせてもらった「復興の森」への感謝の気持ちをこめて下草刈り)

・お昼ごはん(地元産かつおの刺身)

・おわりの会

・解散
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




アファンの森財団が地元とともに育てる「復興の森
ドラゴンツリー」に到着。

出会ったばかりの仲間たちに少々緊張気味。





ドラゴンツリーは地域の間伐材で作られた木の秘密基地?!
今後、建設される小学校の裏山になる予定。
1階の小部屋では火を焚くことができ、その火を囲んで座れるスペースもあります。
名前はドラゴンツリー、形もドラゴンが森を登るように見えますが、木で組まれているため、人に与える印象はとても優しいです。





ニコルさんの話を聞く子どもたち。






ドラム缶風呂のための火おこしに苦労しました。
復興の森で拾った薪は、雨にさらされていたため、芯まで湿っていました。












焼きナスまで入った本格的なカレー。一生懸命作って、みんなで野外で食べるごはんは格別!













↑2日目の朝ごはん。





月浜でカヤックの漕ぎ方を習って、いざ出発!!
イナガサキ浜に到着すると、急なカヤック団の到着に驚いたカタクチイワシの群れが浜に打ち上げられてしまいました。

到着後は冷たい水にもどんよりとしたお天気にも負けず、思いっきり海遊びをしました。





「学びの時間」では、子どもたちが遊びながら集めた海藻や海の生き物たちの話を真剣に聞きました。









海遊びでどんなに疲れていても、
みんなでごはんを作ります。
子どもたちの活動への自主性は時間とともに高まっていきました。

(スイカをドラえもんの型にデコレーション中)






もう、薪が湿っていても火をつけられます!!




夜のたき火の準備もしました。

子どもたちの発案で、スタッフがしかけ役できもだめしをしました。蛍もきもだめしに参加していました。

きもだめしの後、たき火を囲んで震災の時の話もしました。








テント撤収!!
初日の夜の大雨もこのテントのおかげで
しのげました。












↑最終日には薪を拾った復興の森への恩返しと将来の森の成長を想って、下草刈りを実施。暑い中、頑張って刈った後には、きれいになった歩道とともに達成感が残りました。また、森の植物や虫など生き物たちの観察もできました。





下草刈りの後、子どもたちとニコルさんとで記念写真。








最後はみんなでキャンプの感想を発表しあいました。


ドラム缶風呂、ごはん作り、カヤック、海遊び・・・それぞれがいい経験と思い出になりました。



コスモ石油では、「コスモ石油エコカード基金」とともに、今後も「ずっと地球で暮らそう。」を合言葉に、次世代育成・環境保全活動を展開してまいります。
       
                                        以上



コスモ石油エコカード基金とは

カテゴリ

アーカイブス

ブログ内キーワード検索

RSSリンク

携帯からのアクセスはこちら
qrcode