コスモ石油エコカード基金は、コスモ・ザ・カード・オーパス「エコ」、コスモ・ザ・カード・ハウス「エコ」のお客様から毎年お預かりする500円とコスモ石油グループからの寄付金を、環境保全活動を行うNPOなどに寄付することで、その活動をサポートしています。

森は海の恋人植樹祭に参加しました(2011/6/5)


「はじめは一人一人に想いがあった。
  ひとつのきっかけでそれが繋がっていき、小さな波紋ができ、やがて大きな輪となり、
 ついには人々の想いが実現し、将来の夢や希望へと繋がっていく」




コスモ石油エコカード基金は、会員の皆様の想いと基金としての社会的責任を形にするべく、
東日本大震災後の環境復興支援の一貫としてこの5月にNPO法人「森は海の恋人」への支援を決定しました。

6月5日(日)に、エコカード基金事務局の3人は会員の皆様の代表として、この「森は海の恋人」の象徴的な活動である、「第23回森は海の恋人植樹祭」へ参加をさせて頂きましたので、その様子を会員の皆様にご報告させて頂きます。

われわれは、岩手県のJR一関駅までこの5月に復旧したばかりの東北新幹線で行き、そこからは車で約1時間かけて今回の植樹祭の拠点である「矢越山ひこばえの森交流センター」に植樹祭の前日4日に到着しました。


東北新幹線。「がんばろう日本!がんばろう東北!」


ひこばえの森 交流センター。総会に参加する人が続々と集まっています。


前日の6月4日には、NPO法人「森は海の恋人」の総会とミニ講演が催されました。
「森は海の恋人」の理事長である畠山重篤さんの挨拶の後、副理事長である畠山信さんから、「3月11日に発生した未曾有の自然災害で、三陸海岸も当NPO法人も甚大な被害を受けたが、自然と調和した暮らしができる地域づくりを目的にした環境教育を柱にして、当NPOの事業を継続していきたい。環境教育は教えるものでなく、体験から学ぶものであり、実際に見たり触ったりして学ぶことが大切である。それが未来を担う子どもたちの心身のバランスを養っていくと思う」とのお話しがあり、とても印象的でした。


NPO法人森は海の恋人 副理事長・畠山信さん

総会後のミニ講演会では、北海道大学の白岩先生から、何故三陸沖が世界の3大漁場と呼ばれているかについて、ロシアのアムール川から流れ出た鉄分が東サハリン海流、オホーツク海を経て、親潮となり三陸沖は植物プランクトンが極めて豊富であることがその最大の理由であるという、極めてスケールの大きな驚くべきお話しがあり、あらためて地球規模での環境の大切さを学びました。

森と川と海の関係が環境にとって極めて重要である理由は、こちらをご参照頂ければ幸いです。
⇒http://www.mori-umi.org/base.html


さて翌日6月5日は天気にも恵まれ、大望の植樹祭が実施されました。





当日は朝9時の受付前から、たくさんの参加者が集まり、植樹前から大変な賑わいを見せていました。
開会式冒頭に犠牲者への黙祷があり、そのあと、畠山重篤さんから、「海は怖いけれど海を怨んではいない。われわれは海の豊かさと共に生きてきた、やはり海で生きるしかない。この植樹祭をひとつのバネとして何とか生活をもう一度取り戻したい。今年は復興の足がかりとなる植樹祭にしたい。来年は必ず海の産物を持って来て、この植樹祭に参加したい。」との力強いご挨拶があり、会場から大きな拍手が沸き起こりました。


NPO法人森は海の恋人 理事長・畠山重篤さん

その後約1,200人もの参加者が、被災を受けた人々が勇気を持って以前の生活を取り戻せるよう、
また海の復興を願いながら、一本一本心を込めて、約1,000本の広葉樹の苗木を植樹しました。







この若い苗木が将来大きく育ち、山を豊かにして、その栄養分が川を伝い、海へと流れ込み、
この地域一帯の環境保全に役立つと同時に、被災地の方々や地域の一日も早い復興を願ってやみません。



エコカード基金は今後も「森は海の恋人」とその活動を継続的に支援していく所存です。
会員の皆様のご理解とご支援に対し、こころより感謝申し上げます。

事務局理事:富沢


コスモ石油エコカード基金とは

カテゴリ

アーカイブス

ブログ内キーワード検索

RSSリンク

携帯からのアクセスはこちら
qrcode