コスモ石油エコカード基金は、コスモ・ザ・カード・オーパス「エコ」、コスモ・ザ・カード・ハウス「エコ」のお客様から毎年お預かりする500円とコスモ石油グループからの寄付金を、環境保全活動を行うNPOなどに寄付することで、その活動をサポートしています。

キリバス共和国でのマングローブ植林についてテレビ東京「未来世紀ジパング」の番組取材を受けました!(南太平洋諸国支援〜キリバス共和国〜)

 みなさま、マウリ!!
(昼夜関係なしに使える、キリバス語のあいさつです)

 ここは大人も子供も目が合うとニコっと笑って「マウリ」とあいさつをしてくれるとても人があたたかい国です。
 
 コスモ石油エコカード基金は、NPO法人「国際マングローブ生態系協会(以下、ISME)」のキリバスでのマングローブの植林活動をサポートしており、今回は115日から21日まで、ISMEの馬場先生と毛塚さん、ボランティアの山上さん、そして、現地コーディネーターの阿部さんと番組の取材対応、現地視察、そして植林活動を行ってきましたので、ご報告いたします。
 
1.テレビ東京「未来世紀ジパング」の番組取材
 取材は2日間にわたって受けました。初日は植林する為の準備としての「種取り」で、馬場先生にインタビュー対応をしていただき、マングローブについて説明をしてもらいました。
インタビュアーは熱心に質問をしていました。またカメラマンは種取りをしているところや、種を数えているところを撮影していました。


 10.JPG
種について説明しています。

 
採取した種を撮影しています。

翌日は地元の方々と一緒に植林しているところを撮影されました。
また、馬場先生、キリバス環境省と青年クラブのスタッフが活動についてのインタビューを受けました。
インタビューでは、馬場先生はマングローブの植林状況について説明をしながら、コスモ石油のカード会員さんの寄付がこの植林活動に繋がっていますとお話していました。
キリバス環境省のスタッフは、コスモ石油や
ISMEが植林活動を行ってくれていることに対して大変感謝していますとコメントしてくれました。

16.JPG
キリバス環境省のスタッフへのインタビュー

 17.JPG
青年クラブのスタッフへインタビュー 

 
2.キリバスの概要
キリバス共和国は33の島々で構成されており、人口は約100,000人で、首都タラワ島には約45,000人の方々が住んでいます。
視察を行ったのはキリバス共和国の首都があるタラワ島で、ここは北緯
1度で平均気温が30℃前後の常夏の島です。細長い島で1本のメイン道路でみなが往来するようなところです。

1.JPG     
飛行機の中から見たタラワ島。空と海がとてもきれいな島でした

 2.JPG
メイン道路の様子。 ところどころで、アスファルトを敷く工事が行われていました。


 この国は地球温暖化が要因の一つといわれる海面上昇によって、国土が侵食されています。
それに対して、われわれはマングローブを植林して、海岸の砂をマングローブの根っこで滞留させることにより、侵食を遅らせる活動を行っています。また、植林活動を地元の青年クラブのスタッフと一緒に行うことにより、海面上昇による侵食の問題や自然を大事にすることの大切さを、地元の皆さんに理解してもらうよう努めています。

 
 最近では、ほんの少しではありますが、地元の方が、自主的に植林を行ってくれている様子も見受けられるようになり、これも一つの成果であると思いました。
 

3.視察の報告
115日・・・タラワ島到着。現地視察
 まずは現状を把握する為に視察をしました。
 海面上昇による侵食はいろいろなところで確認することができ、満潮の際に沈みそうな家や海岸沿いに生えている木の根っこの土が海水で侵食されていました。
 また、2005年の活動当初に植えたマングローブは5mを超えるほどに成長しており、積極的に植林をしているアナナウコーズウェイの脇には、1.3劼竜離にわたって大小たくさんのマングローブが元気に育っていました。

<侵食状況>
3.JPG
満潮時には側溝は海に沈み家も危うい状態です

 4.JPG
海の上に高床式でマニアバを作っています。

5.JPG  
海水で木の根っこの土が侵食されています。

6.JPG
空港の堤防が波で削られゴミが打ち上げられています。
 
<植林しているマングローブ>

7.JPG       
活動当初に植林した5mを超えるマングローブ。
右から、馬場先生、毛塚さん、山上さん、阿部さん。


8.JPG
マングローブは道路の脇に植林されていて、全長は1.3劼砲發覆蠅泙后

9.JPG
手前の小さいものが地元の方が植えてくれたマングローブです。

116日・・・「マングローブの種取り」と「キリバスの環境省へ訪問」
 マングローブの種取りには、キリバス環境省のスタッフがお手伝いに来てくれて、約2,800本の種を取ることができました。
午後にはキリバス環境省の事務次官を訪問して活動状況を共有し、その後は今後の植林場所について打合せを行いました。


11.JPG     
採取した種の選別と本数をカウントしています


全部で約2,800本あります。

12.JPG
キリバス環境省のtimii事務次官と担当者を訪問しました

13.JPG
今後の植林場所について打合せしました。

117日・・・青年クラブと「マングローブの植林」
キリバス共和国の環境省・青年クラブから約20名とJICAの日本人ボランティアスタッフ3名が参加し、われわれを含めて総勢28名で植林を行いました。

14.JPG 
植林活動終了後にみんなで集合写真

15.JPG
種の植え方について説明しています。みんな真剣に聞いていました。


119日・・・「マングローブの種取り」と「アノテ・トン大統領を表敬訪問」
午前中にキリバス環境省のスタッフの協力を得て種取りをし、約2,700本採取することができました。
午後はアノテ・トン大統領を表敬訪問しました。大統領から、コスモ石油とISMEに大変感謝しており、今後もぜひ植林活動を継続していってほしいとお話がありました。

18.JPG 
種取りをするマングローブ林です。

19.JPG
これから種取です!

20.JPG
お話をした後に、記念写真を撮影しました。右から2番目の方がアノテ・トン大統領です。

120日・・・青年クラブと「マングローブの植林」
 キリバス環境省・青年クラブから約20人のスタッフが参加し、総勢27名で植林活動をしました。
17日に植林をしたときよりも、子供が多く来てくれ、みんな夢中になって植林活動をしていました。
 17日とこの日の2日間の植林で、合計約5,500本のマングローブの種を植えることができました。

21.JPG
植林活動終了後にみなで集合写真

22.JPG
植林の様子

23.JPG 
24.JPG
植林の様子

121日・・・波が強い場所に植林する為の「苗木作り」
今まで植林をしてきた場所よりも波が強く植林が難しいところに植える為の苗木作りをしました。
今回は試験的に100本ほど植えて、半年もしくは1年後に植え替えをします。

25.JPG
キリバス環境省から3名がお手伝いに来てくれました。

26.JPG
ますは砂浜に1屬侶蠅魴,蠅泙靴拭

27.JPG
穴に砂を入れたビニール袋を並べていきます。100個並べました。

 28.JPG
ビニール袋一つ一つに種を植えて完成です。植え替えの時期が楽しみです。
 

 今回の活動では合計で約5,500本のマングローブの種を植えることができました。
また、現地のスタッフも総勢で
40名ほど来てもらい、一緒に植林を行うことで、海面上昇による侵食の問題や自然を大事にすることの大切さを理解してもらうことができたと思います。
 
 今後もコスモ石油エコカード基金では、「国内外の環境修復と保全」及び「次世代の育成」をテーマに、持続可能な社会の実現を目指してまいりますので、引続きご理解とご支援ください。
 
以上


 

コスモ石油エコカード基金とは

カテゴリ

アーカイブス

ブログ内キーワード検索

RSSリンク

携帯からのアクセスはこちら
qrcode